東京慈恵医大 柏病院 呼吸器外科

肺がんの手術承諾書


| 肺がん治療ネット |


診断

(原発性・転移性)(右左)肺がん

【手術】

(右左)(胸腔鏡下・開胸)(上下)肺葉切除+リンパ節郭清

注)必要に応じて開胸や、術式変更があります。

【合併症】

A)      @出血 A無気肺、肺炎 B肺漏(空気漏れ)C創感染 D術後精神障害、痴呆
B)      @気管支瘻、膿胸 B呼吸不全、心臓・脳・肝臓・腎臓障害など。
C)      合併症を起こす、重症に陥る、死亡する可能性があります。

(国内肺がん手術死亡率:肺全摘3.2%、肺葉切除術1.2%、肺葉切除以下0.8%)

【説明】

1. 手術前:禁煙。呼吸訓練。昼間は歩き、夜は休息をとって下さい。
2. 手術は全身麻酔です。意識は無く、人工呼吸器を使用します。
3. 胸腔鏡下手術とは約2cmの傷、通常5個で手術を行います。
4. 胸腔鏡下手術の欠点は、@とっさの対応が遅い、A手術時間が長いこと、等です。
5. 手術後、家族に手術について説明します。患者さんは、集中治療室に入室します。
6. 手術当日に、問題がなければ人工呼吸器を中止し、飲水を開始します。
7. 手術翌日に、食事・歩行を開始します。早期の歩行が合併症予防に重要です。
8.手術後7日目前後で退院です。この頃、病理結果が判明します。
(全国集計5年生存率:肺がんT期60-77%、U期42-59%、VA28%)
9.患者さんにより、実際の経過は異なります。


2009.9 秋葉直志