home help dictionary search

癌の事実 アスベスト 

石綿への接触:質問と答え


NCIの許可を得て翻訳した情報。 | ホーム |



 石綿とは何ですか。

 「石綿」は、細い糸へ分離することができ織れうる、多くの強く柔軟な繊維として自然に生じる1群の鉱物に与えられた名前です。これらのファイバーは熱または化学薬品によって影響されず、電気を通じません。これらの理由のために、石綿は、多くの産業の中で広く使用されました。4つの型の石綿が営利上使用されました:

  • 温石綿Chrysotile 、すなわち白い石綿はアメリカの中で現在使用される石綿の約99パーセントを占める。
  • クロシドライトCrocidolite、または青石綿;アモサイトAmosite 、これは褐色のファイバーを持っている 。
  • 直閃石Anthophyllite、これは灰色のファイバーを持っている。
  • 温石綿Chrysotile石綿はその巻き毛状の繊維で、鉱物の蛇紋石族serpentine familyにあります。他のタイプの石綿は、そのすべては棒状のファイバーを持っている、角閃石amphibolesとして知られています。

 石綿繊維の塊は、衣服への大気および杖に浮かぶことができる、小さな粒子から構成されたほこりへ容易に壊れる傾向があります。繊維は容易に吸入され呑み込まれ、重大な健康問題を引き起こすことがあります。



 石綿はどのように使用されますか。

 石綿は、1800年代の終わり以来北アメリカで営利上採掘され使用されました。その使用は第二次世界大戦中に大幅に増加しました。その時以来、それは多くの産業の中で使用されました。例えば、建物および建設業は、断熱、耐火材料、防音と同様にセメントとプラスチックを強くするためにそれを使用します。造船業は、蒸気缶、蒸気管、湯管を断熱するために石綿を使用しました。自動車産業はブレーキ片およびクラッチ当て物で石綿を使用します。5,000を越える製品が石綿を含んでいるか、石綿を含有したものを持っています。
1部を以下にリストします:

  • 水道設備および下水配管、屋根ふき材および羽目板、電線、防火材料、電気的な配電盤と部品、居住・産業建築資材のために使用された石渡セメントシート、およびパイプ製品。
  • クラッチ表面、自動車のためのブレーキライニング、ガスケット、産業摩擦用品のような摩擦製品。
  • 製品は、テーブル当て物および熱保護マット、熱および電線絶縁、飲料用の産業フィルタおよびシート床張り材料のような石綿紙の材料を含んでいます。
  • パック部品、床および屋根葺き用資材および熱と耐火性織物(毛布とカーテンを含んで)のような石綿織物製品。
  • 天井および床タイル、ガスケットとパッキング、絵の具、コーティングおよび接着剤、コーキングおよびパッチング・テープ、ガス燃料の暖炉で使用される人工灰と残り火、プラスチックを含む他の製品。

 1970年代の終わりに、製品が環境へ過量の石綿繊維を放出したので、米国消費者製品安全委員会は、壁板パッチング合成物およびガス暖炉中の石綿の使用を禁止しました。さらに、石綿は、電気ドライヤーのメーカーによって自発的に中止されました。1989年には、米国環境保護局(EPA:Environmental Protection Agency)が、石綿の新用途をすべて禁止しました、1989に先立って確立された用途はまだ認められます。EPAは、損傷した石綿を調べて、かつ石綿の除去あるいはそれをすっかり覆うことにより接触を除去するか、縮小する学校制度を要求する規則を確立しました。

 石綿の危険に関する広範囲の公衆の関心と結び付けられた規制措置は、米国の石綿使用は重要なことに毎年下落しました。石綿の国内の消費は総計1973年に約719,000トンまでになりました。1999年までに約15,000トンまで落ちました。石綿は現在ガスケットの中で最も頻繁に屋根ふき材と摩擦の製品の中で使用されます。



 石綿への接触の健康上有害なものは何ですか。

 石綿への接触は、いくつかの重大な病気の危険を増加させるかもしれません。

  • アスベスト症Asbestosis:息切れ、咳、永久の肺障害を起こす慢性肺疾患
  • 肺癌
  • 胸膜中皮腫ー胸と腹の表面を覆う薄膜の比較的まれな癌
  • 喉頭、中咽頭、胃腸管、腎臓のような他の癌。


 誰が危険にひんしていますか。

 ほとんど誰でもいつか生活の間に石綿にさらされます。しかしながら、ほとんどの人々はそれにより病気になるわけではありません。石綿から病気になる人は、多くの場合材料と直接接触あるいは実質的な環境上の接触を通じた仕事で、通常定期的にさらされる人々です。

 1940年代の初め以来、何百万ものアメリカの労働者が石綿にさらされました。石綿のほこりからの健康上有害なものは、造船貿易、石綿採鉱および製粉業、石綿織物および他の石綿製品の生産、建築業での耐熱仕事、ブレーキ修理および様々な他の貿易にさらされた労働者に認識されました。倒壊労働者、石壁除去剤、消防士も、石綿ほこりにさらされるかもしれません。政令や仕事慣習の改善の結果、今日の労働者(以前にさらされていない)は、過去にさらされたより危険に直面することが少なそうです。

 より強い露出およびより長い露出によって労働者への危険が増加することは知られていますが、調査者は短期の露出でも個人に石綿に関連した疾病があるのを見つけました。一般に、石綿に関連する疾病になる労働者は、彼らの最初の露出の後に長い間病気の兆候を示しません。石綿に関連する徴候が起こるために10〜40年かかることがあります。

 石綿に極度にさらされた労働者の家族が中皮腫を起こす、危険が増加するというある証拠があります。この危険は、労働者の靴、衣類、皮膚および髪の毛により家へもたらされた石綿ほこりへの接触に起因すると思われます。この種の発露出は傍職業露出?(paraoccupational exposure)と呼ばれます。これらの露出を減少させるために、石綿労働者は、仕事場を去る前にシャワーを浴び、衣類を交換することを通常要求されます。



 その危険はどれくらい大きいですか。

 石綿にさらされたすべての労働者がそれらの露出と関係する疾病を起こすとは限らないでしょう。実際、多くの人が悪影響を受けないでしょう。

 それが、大気へ線維を放出するような方法で破損されないし妨害されない(例えば、のこぎりやドリルを使うかことによって)限り、壁、タイルおよび管のような完成品へ接合される石綿は、健康に危険をもたらしません。石綿粒子が自由で吸入される場合、さらされた個人は石綿に関連する疾病を起こす危険にひんしています。一旦これらの繊維が身体組織へ入れば、それらはそこに無期限にとどまるかもしれません。

 石綿に関連する疾病になる危険は、発見が生じた産業のタイプおよび発見の程度に応じて変わります。さらに、異なるタイプの石綿繊維は異なる健康の危険に関係しているかもしれません。例えば、いくつかの研究の結果は、石綿の角閃石が、温石綿より、肺癌、石綿肺症、とくに中皮腫を引き起こしやすいと示唆しています。それでも、どの繊維も無害であると考えることができません。そして、適切な安全対策は石綿を用いて仕事をする人々によって常に行われるべきです。



 喫煙はどのように危険に影響しますか。

 多くの研究が、喫煙および石綿発見の組み合わせが特に危険なことを示しました。石綿にさらされる喫煙者は、非常に肺癌の危険が増加します。しかしながら、石綿露出と喫煙を組み合わせても、中皮腫の危険を増加させません。

 禁煙が石綿に露出する労働者の肺癌の危険を縮小するだろうという証拠があります。人生の間のいつでも、仕事で石綿にさらされたか、さらされたかもしれないのではないかと思った人は喫煙してはなりません。喫煙しているなら、禁煙するべきです。



 誰が診察を受ける必要がありますか。

 家族接触によって仕事中に、あるいは家で石綿ほこりにさらされた(あるいはそれらが露出されたのではないかと疑問に思う)個人は、経験およびどんな徴候も医師に知らせるべきです。石綿繊維は、尿、糞便、粘液あるいは肺から洗い出された資料の中で測定することができます。胸部レントゲン写真を撮ることや肺機能検査を含む徹底的な身体検査が勧められるかもしれません。胸部レントゲン写真を撮ることは、肺の石綿繊維を発見することができない、しかし、石綿露出に起因するどんな肺の変化も識別することができることに注目することは重要です、胸部レントゲン写真の解釈には、石綿に関連する疾病のレントゲン写真の診断に経験を積んだ専門家支援が要求されるでしょう。他の検査もさらに必要かもしれません。

 前に注意したように、石綿に関連する疾病の徴候は露出後何十年後も明白にならないかもしれません。次の徴候のうちのどれかが出現した場合、身体検査はすぐに予定されるべきです:

  • 息切れ
  • 咳あるいは咳パターンの変化
  • 肺から咳をして出た血痰
  • 胸か腹の痛み
  • 呑み込むのが困難、あるいは長引くしわがれ声際
  • 著しい体重減少

2001.11.8版 2002.7: 翻訳:秋葉 直志