呼吸器外科の病気

東京慈恵会医科大学


 | 肺がん治療ネット |


呼吸器外科に関連する病気には様々なものがあります.代表的なものとして、

  1. 肺(はい)の病気
  2. 縦隔(じゅうかく)の病気
  3. 胸壁(きょうへき)の病気

があります.


1.肺の病気について
     肺とはなんですか?
     肺の病気にはどのようなものがありますか?
2.肺癌について
     肺癌(がん)の症状(しょうじょう)は?
     肺癌の診断(しんだん)は?
     肺癌の治療は?
3.自然気胸(ききょう)の治療は?
4.縦隔(じゅうかく)の病気について
     縦隔とはなんですか?
     縦隔腫瘍(しゅよう)とはなに?
     縦隔腫瘍の治療は?

5.胸壁について

     胸壁腫瘍(きょうへきしゅよう)とは?
6.呼吸器の手術はどのように行うのですか?
7.胸腔鏡(きょうくうきょう)手術とは?
     胸腔鏡の利点と欠点は?

8.まとめ


1.肺の病気について

トップ

肺とはなんですか?

肺は呼吸をするための重要な臓器(ぞうき)です.口や鼻から吸った空気は気管(きかん)や気管支(きかんし)を通って肺に行きます.そこには肺胞(はいほう)という小さな袋があり、ここで空気の中の酸素を取り込み、不要な二酸化炭素を排出するという仕事をしています.

肺は心臓の左右にあり、右肺と左肺と呼ばれています.右肺はさらに3つに分かれ右上葉(みぎじょうよう)、右中葉(みぎちゅうよう)、右下葉(みぎかよう)と呼びます.左肺は2つに分かれ左上葉(ひだりじょうよう)と左下葉(ひだりかよう)と呼びます.

肺の病気にはどのようなものがありますか?

肺にある病気の種類は多いのですが、代表的なものとしては肺癌(肺がん)があります.肺癌は肺にできると次第に大きくなり、周囲に拡がったり、肝臓や脳や骨にジャンプして拡がることもあります.

肺にできた「しこり」がすべて肺癌のわけではありません.「しこり」でも比較的おとなしい性質の腫瘍もありますし、「結核」や「かび」のこともあります.

「しこり」とは違う病気に自然気胸(しぜんききょう)があります.これは、10ー20歳台の男性に多く見られ、長身のやせたひとに多い特徴があります.自然気胸の原因は、肺にできた「ブラ」という魚の浮き袋の様な袋が破れ、そのために空気が漏れて肺がしぼんでしまう病気です.


2.肺癌について

トップ

肺癌(肺がん)の症状(しょうじょう)は?

肺癌はあまり症状は出しません.そのために早い時期に発見するのが難しい病気です.症状としては咳(せき)や痰(たん)がありますが、これではあまり気に止めない人が多いと思います.ですから健康診断や病院で偶然にレントゲンで異常を指摘されて驚く場合が多く見られます.その他の症状としては血痰(けったん)や胸痛や上腕痛それに顔の腫れなどの症状があります.

肺癌の診断(しんだん)は?

肺癌の検査にはレントゲン検査やCT検査(コンピュータ断層撮影)があります.これは病気の場所や形や拡がりを見るのに役に立ちます.しかし、これでは肺癌を疑うことはできますが、確実に診断することはできません.確実に診断するためには病変の細胞を取って顕微鏡で調べなくてはなりません.

細胞をとる検査として、痰(たん)の検査があります.痰の検査は痰を病院に提出すればよいので楽な検査です.しかし、これで診断できるのは1部の肺癌で、他には肺の内視鏡検査(気管支鏡(きかんしきょう))や肺に直接外から針を刺す検査や手術で確認する場合があります.気管支鏡は外来でできる検査で、喉(のど)に痛み止めのスプレーをして行います.後の検査は入院が必要です.

肺癌の治療は?

肺癌の治療を考えるときには進行度の評価が重要です.進行度によって手術を受けた方が得か、受けないほうが得か決めなくてはなりません.手術の内容は肺のひとつの葉(例えば、右の上葉)とリンパ節を切除することです.


3.自然気胸(ききょう)の治療は?

自然気胸は軽症ならば処置をせずに様子をみます.程度が強い場合は空気を抜くためのストローの様な管を胸に通します.こうしないと肺がしぼんで息がしにくいからです.

管から空気が漏れ続けたり、再発を繰り返す時は手術を考えます.


4.縦隔(じゅうかく)の病気について

トップ

縦隔とはなんですか?

これはあまり聞き慣れないことばですが、左右の肺に挟まれた間の場所の名前です.ここには、心臓や食道や気管、それから胸腺(きょうせん)や神経などのいろいろなものが含まれています.

縦隔腫瘍(しゅよう)とはなに?

縦隔にできた「しこり」や「嚢(ふくろ)」を縦隔腫瘍と呼んでいます.これには胸腺からできる胸腺腫(きょうせんしゅ)や奇形腫(きけいしゅ)や神経からでた腫瘍などがあります.

縦隔腫瘍の治療は?

縦隔腫瘍の約3割は悪性腫瘍と考えられています.また、ここは心臓や大血管、気管などの非常に大切な臓器がある場所なので、手術を受けて切除することが原則です.


5.胸壁について

胸壁腫瘍(きょうへきしゅよう)とは?

胸壁とは肋骨(ろっこつ)や肋軟骨(ろくなんこつ)や筋肉などから成り、ここにできたしこりを胸壁腫瘍と呼んでいます.


6.呼吸器の手術はどのように行うのですか?

トップ

手術は病院に入院して頂いて、全身麻酔で行います.

手術は皮膚を大きく切って病変に達して行う従来からの方法と皮膚に小さな傷をつけて行う胸腔鏡(きょうくうきょう)手術という方法があります.切る場所は病変の部位や大きさによって違います.


7.胸腔鏡(きょうくうきょう)手術とは?

胸腔鏡手術とは胸腔鏡を用いた手術です.胸腔鏡は先端に小型のカメラを装着した棒で、これを直径12mm程の穴を通じて胸に入れます.このカメラは拡大した視野が得られるので中を観察することができるのです.穴をさらに2個開けて、電気メスやハサミをを使用して手術を行います.

胸腔鏡の利点と欠点は?

利点は手術の傷が従来の方法と較べると小さく、手術の後の痛みが少ないことです.

欠点はとしてはできる手術が限られていることです.また、手術が難しい場合などには従来の方法に途中で変更しなくてはならないこともあります.


8.まとめ

呼吸器外科に関連する肺と縦隔と胸壁の病気についてお話ししました.聞きなれない言葉が多くて分かりにくかったかも知れません.質問がある場合には、主治医におたずねください.


(文責:秋葉 直志)

トップ