自然気胸

東京慈恵会医科大学 呼吸器外科


  | 肺がん治療ネット |

気胸とは

気胸とは肺が破れて空気がもれる病気です。もれた空気は行き先がありませんから胸腔内(胸の中)に貯まります。この空気により肺がつぶれてしまいます。自然気胸と呼んでいるのは、ぶつけた覚えもないのに肺から空気が漏れたという意味です。

自然気胸は20歳代前後をピークとし、さらに高齢の方に多くみられます。肺の嚢胞(のうほう)(ふくろ)が破けてしまうことが原因です。男性に頻度が高く背の高い痩せ型のひとに多く発病します。高齢の方ではタバコをよく吸う人に多いのです。自然気胸の原因は肺嚢胞だけではありません。肺がんや肺結核で肺が破れて気胸になることもあります。ですから、気胸を起こしたときになにが原因かを確認することも重要です。交通事故などの外傷では折れた肋骨で肺が破れて、外傷性気胸を起こします。女性の場合には月経の時期になると気胸が起こる月経随伴性気胸という病気があります。これは胸に子宮内膜症が起きることが原因と考えられています。

症状

突然起こる胸痛です。咳が急に出始めたり、呼吸が苦しくなることもよく起こる症状です。

自然気胸は人によっては何回も再発を繰り返すことが問題になります。片側だけでも問題ですが、両側が同時に破れると非常に危険です。空気が肺だけでなく心臓を圧迫すると血圧が下がってショックとなります。これを緊張性気胸と呼んでいますが、強い呼吸困難や血圧低下が生じ、すぐに処置をしないと危険です。もうひとつ危険なことは、肺が破れてしぼむときに癒着がはがれて大出血を起こすことです。この場合も血圧が下がってショックになることがあります。

治療法

空気を出す管を入れる.

空気のもれが軽度で症状がなければ、安静にしていれば空気は自然に吸収されます。肺がつぶれて小さくなった時は、胸腔ドレーンと呼ばれる管を胸に刺します。胸腔内にたまった空気を排除し、肺が膨らむようにするためです。 胸腔ドレーンを入れておくと空気の漏れが止まったかどうかが分かります。漏れがなければ管は抜いてしまいます。しかし、空気の漏れが持続したり、再発を繰り返すときには手術が必要です。

手術は原因となった肺嚢胞の切除を行います。手術の痛みを軽減し、傷を小さくするために、現在では多くが胸腔鏡(きょうくうきょう)で手術が行われています。この手術は、胸の皮膚に小さな傷を3個開けて、胸腔鏡という内視鏡カメラや胸腔鏡用器具を挿入して行う手術です。手術後の痛みが少なく、入院期間が短い傾向があります。

予防法

変だと思ったら医師の診察を。

突然の胸痛や呼吸困難が起こり、変だなと思ったら早めに医師の診察を受けましょう。


(文責:秋葉 直志)