肺がん

簡単な説明

患者さん用情報


| ホーム |

肺がんの分類
 A).小細胞肺がん
 B).非小細胞肺がん
   1).腺がん
   2).扁平上皮がん
   3).大細胞がん
原因
症状
検査
進行度
外科治療

肺がんの分類

肺がん(肺癌)は肺から発生するがんの総称です。肺がんは,その性格,悪性度,今後の見込みを考え,さらに治療法を決定するために,いくつかの分類があります.

肺がんは,肺がんの顕微鏡検査により以下の二つに分類されています.

  • 小細胞肺がん

  • 非小細胞肺がん

小細胞肺がん

小細胞肺癌(しょうさいぼうはいがん)は,比較的少ないです。進行が早いので,発見時にはすでに転移(飛び火)をしてリンパ節や全身に広がっていることが多いです.抗がん剤や放射線治療に対して比較的よく効きます.

非小細胞肺がん

非小細胞肺癌(ひしょうさいぼうはいがん)は,肺がんの多くを占めております. 早い時期に発見して,手術をすれば,治ゆする可能性があります.抗がん剤や放射線治療に対して効きが良くありません.

非小細胞肺がんは,顕微鏡検査によりさらに次のように分類されています.

  • 腺がん

  • 扁平上皮がん

  • 大細胞がん

  • その他

1).腺がん

腺(せん)がんは,肺の末梢にできることが多く,咳などの自覚症状がでにくいがんです.レントゲン写真に写りやすく,しばしば健康診断で発見されます.

2).扁平上皮がん

扁平上皮(へんぺいじょうひ)がんは,喫煙との関係が深く,肺の根元にできることが多いです.

3).大細胞がん

大細胞(だいさいぼう)がんは,肺の末梢にできることが多いです.非小細胞肺がんのうちでも性質の悪い肺がんです.

原因

トップ

肺がんは遺伝子の病気と考えられています.肺がんに関連した遺伝子がいくつか発見され,研究されています.喫煙の影響は重要で,大気汚染の影響も考えられています。

症状

肺がんはあまり症状は出しません.そのために早い時期に発見するのが難しい病気です.症状としては咳(せき)や痰(たん)がありますが、これはあまり気に止めない人が多いと思います.健康診断や病院で偶然にレントゲンで異常を指摘されて驚く場合が多く見られます.その他の症状としては血痰(けったん)や胸の痛みや腕の痛みそれに顔の腫れなどの症状があります.

検査

トップ

  • 胸部レントゲン検査

肺の異常をみるのに適しています.但し,肺の根元に病変があるときや,小さな病変では指摘するのが難しいです.

  • 胸部CT検査

CT(コンピューター断層撮影)検査があります.これは病気の場所や形や広がりを見るのに,役に立ちます.しかし、胸部レントゲン検査やCT検査では肺がんを疑うことはできますが、確実に診断することはできません.

  • 胸部MRI検査

これは病気の周囲との関係や広がりを見るのに役に立ちます.肺の検査ではCT検査の方が有効な情報量が多いので,MRI検査は必ず行われるものではありません.

  • 転移の検査

がん転移(飛び火)の有無を調べるために、脳や肝臓や骨の検査をします。方法はCT検査、超音波検査、アイソトープ検査などを使用します。

  • 痰(たん)

確実に診断するためには病変の細胞を顕微鏡で調べなくてはなりません.細胞をとる検査として、痰(たん)の検査があります.痰の検査は痰を病院に提出すればよいので楽な検査です.しかし、これで診断できるのは一部の肺がんです.

  • 気管支鏡(きかんしきょう)検査

肺の内視鏡検査です.気管支鏡(きかんしきょう)検査と呼ばれています.気管支鏡は外来でできる検査で、喉(のど)や気管の中に麻酔(痛み止め)のスプレーをして行います.局所麻酔ですから,意識ははっきりしています.外来で行うことができます.肺の内部の観察ができます。また顕微鏡で調べるための病変を取ることもできます。

  • 経皮的肺針生検

CT検査やレントゲン検査や超音波検査を行って,病変を直接見ながら肺に外から針を刺す検査です.顕微鏡で調べるための病変を取ることが目的です。局所麻酔(歯医者さんで受けるような一箇所の麻酔)が必要です.検査で肺から空気が漏れる可能性があるので,通常,入院して検査を行います.

  • 胸腔鏡(手術)検査

上記の検査で診断がつかない場合に行います。全身麻酔が必要です。胸腔鏡検査は胸に小さな穴をあけて行う内視鏡手術で、通常の手術よりも痛みや傷が小さくてすみます。

  • 体力検査

手術や治療を行う前に行います。肺活量、心電図、採血(肝機能、腎機能)、検尿などがあります。

進行度

トップ

肺がんの治療を考えるときには進行度の評価が重要です.進行度によって手術を受けた方が得か、受けないほうが得か決めなくてはなりません.

外科治療

肺がんの手術内容は肺のひとふさ(葉:よう)とリンパ節を切除することです.手術は皮膚を大きく切って病変に達して行う従来からの方法と皮膚に小さな傷をつけて行う胸腔鏡(きょうくうきょう)手術という方法があります.切る場所は病変の部位や大きさによって違います.

胸腔鏡手術とは胸腔鏡を用いた手術です.胸腔鏡は先端に小型のカメラを装着した棒で、これを直径5-12mm程の穴を通じて胸に入れます.このカメラは拡大した視野が得られるので中を観察することができるのです.穴をさらに1-3個開けて、電気メスやハサミを使用して手術を行います.利点は手術の傷が従来の方法と較べると小さく、手術の後の痛みが少ないことです.しかし、手術が難しい場合などには従来の方法に途中で変更しなくてはならないこともあります.

トップ


(文責 秋葉直志)