腫瘍(しゅよう)マーカー

がん(癌)の事実


NCIの許可を得て翻訳した情報。 | ホーム |


腫瘍(しゅよう)マーカーはある型のがん(癌)を持った患者さんの血液、尿、身体組織中に、正常より高い量にしばしば検知することができる物質です。腫瘍(しゅよう)マーカーは、腫物自体によって、あるいはがん(癌)の存在やある良性(がん(癌)でない)の状態で身体によって生産されます。この事実表は、血液で見つかったいくつかの腫瘍(しゅよう)マーカーについて記述します。

レントゲン写真を撮る、あるいは他の検査を施行した時に、いくつかの型のがん(癌)の発見や診断するための、腫瘍(しゅよう)マーカー値の測定は有用でありえます。しかしながら、腫瘍(しゅよう)マーカー値の測定だけでは次の理由のためにがん(癌)を診断するのには十分ではありません:

  • 腫瘍(しゅよう)マーカー値は良性の状態(がん(癌)でない)で上昇することがあります。
  • 腫瘍(しゅよう)マーカー値はがん(癌)を持ったすべての人、特に病気の初期段階で上昇するとは限りません、。
  • 多くの腫瘍(しゅよう)マーカーは特別の型のがん(癌)に特有ではありません。腫瘍(しゅよう)マーカーの値は、複数の型のがん(癌)で上昇することがあります。

がん(癌)診断における役割に加えて、腫瘍(しゅよう)マーカー値は医者の適切な治療計画を補助するために治療前に測定されることがあります。いくつかの型のがん(癌)では、腫瘍(しゅよう)マーカー値が、病気の広がり(病期)を反映し、病気が治療にどれくらいよく効くかを予測することに役立ちます。患者の治療に対する効果を監視するためにも、腫瘍(しゅよう)マーカー値は治療中に測定されるかもしれません。腫瘍(しゅよう)マーカー値が下降するか正常に戻る場合、それはがん(癌)が治療にうまく効いていることを示すかもしれません。腫瘍(しゅよう)マーカー値が上昇する場合、それはがん(癌)が成長していることを示すかもしれません。最後に、治療が終わった後、、再発を調べる経過観察の一部として腫瘍(しゅよう)マーカー値の測定は使用されるかもしれません。

現在、腫瘍(しゅよう)マーカーの使用は主に、がん(癌)の治療に対する効果を評価し、再発を発見することです。科学者は、がん(癌)の早期発見と診断における潜在的な役割ばかりでなく、腫瘍(しゅよう)マーカーの前述の用途も研究を続けています。
患者さんの主治医は、患者さんのための発見、診断、治療における腫瘍(しゅよう)マーカーの役割について説明することができます。下記は、最も一般に測定される腫瘍(しゅよう)マーカーです。


PSA

前立腺特異抗原/Prostate-specific Antigen

PSAは、すべての成人男性の血液中に低濃度で存在します。それは正常で異常な前立腺細胞によって生産されます。高いPSAの値は、前立腺炎(前立腺の炎症)、良性前立腺肥大症(BPH:benign prostatic hyperplasia)、のような良性(がん(癌)でない)の前立腺状態、あるいは前立腺の悪性(がん(癌)のこと)増殖のある人の血液で見つかるかもしれません。医師はPSAでは、良性の前立腺状態(これは年長の男性において非常に一般的です)とがん(癌)を識別することができません、そして高いPSA値はがん(癌)が存在するかどうか決めるのに次の検査が必要であることを示すかもしれません。

PSAの値は、前立腺がん(癌)治療の有効性の監視において、および治療が終了した後再発を発見することにおいて有用なことが示されました。 再発を発見する際に、1回の検査の軽度上昇のPSA値は、重要な変化でないかもしれません。医師は、1回の高い結果にこだわらず、長期間の複数回の検査で増加しているPSA値を一般に問題にします。

研究者は、前立腺がん(癌)の男性のスクリーニング(症状を持っていない男性の病気を発見する)における PSAの価値を研究しています。今日、前立腺がん(癌)のスクリーニングをPSAを使用して行うことが命を救うかどうかは知られていません。米国国立がん(癌)研究所に支援された前立腺、肺、大腸、卵巣がん(癌)のスクリーニング試験は、あるスクリーニング使用がそれらのがん(癌)によって引き起こされた死亡数を減少することができるかどうか示すことを目指しています。前立腺がん(癌)については、この試みが55歳から74歳の男性に定期的な指の直腸検査とPSA値の検査の有用性を示すことを目的としています。

研究者は、さらにPSA検査の正確さを増やす新しい方法を研究しています。PSA検査の正確さの改善は、医者が前立腺がん(癌)と前立腺肥大症(BPH)を識別し、これにより生検を含む不必要な検査を回避することができます。


PAP

前立腺酸性隣酸化酵素(ホスファターゼ)/Prostatic Acid Phosphatase

PAPは、通常血液中に少量のみあるが、前立腺がん(癌)を持った患者さんで高い値の人もあり、特にがん(癌)が前立腺を越えて広がった場合は高い。しかしながら、血液値も、ある良性の前立腺状態あるいは早期のがん(癌)の患者さんでは上昇しているかもしれません。

PAPは前立腺によって生産されてみつかりましたが、その後上昇したPAP値は、ゴーシェ病(Gaucher's disease)、パジェット病(Paget's disease)、骨粗鬆症、肝硬変、肺塞栓症、上皮小体機能亢進症のような非がん(癌)状態ばかりでなく、睾丸のがん(癌)、白血病、非ホジキンリンパ腫(non-Hodgkin's lymphoma)に関係していました。


CA 125

CA 125は、様々な細胞、特に卵巣がん(癌)細胞によって生産されます。研究は、卵巣がん(癌)を持った多くの女性のCA125値が上昇したことを示しました。CA 125は、主に卵巣がん(癌)の治療で使用されます。化学療法で治療されている卵巣がん(癌)を持った女性では、CA 125値が低下すると、がん(癌)が治療に効いていることを一般に示します。あるいは他方では、治療中か後にCA 125が増加することは、がん(癌)が治療に効いていないか、いくつかのがん(癌)細胞が身体に残っていることを示唆します。医者は、さらに卵巣がん(癌)の再発を発見するためにCA 125値を使用するかもしれません。

高いCA 125値を持ったすべての女性が卵巣がん(癌)を持っているとは限りません。CA 125値は、子宮、子宮頸部、膵臓、肝臓、大腸、乳腺、肺、消化管のがん(癌)によっても上がるかもしれません。高いCA125値を引き起こすことができるがん(癌)でない状態は、子宮内膜症、骨盤炎症性疾患、腹膜炎、膵臓炎、肝臓疾患、胸膜 (肺と胸腔を囲む組織) の炎症が含まれます。月経と妊娠も、CA 125で増加を引き起こすことがあります。


CEA

がん(癌)胎児性抗原/Carcinoembryonic Antigen

CEAは、通常、ほとんどの健康な人々の血液中で少量で見つかりますが、がん(癌)かいくつかの良性の状態の人々に上昇します。CEAの主要な使用は大腸がん(癌)、特に病気が広がった場合(転移)、を発見することにあります。大腸がん(癌)の治療の後に再発を発見するためにも、CEAは使用されます。しかしながら、種々様々の他のがん(癌)は、つまり黒色腫、リンパ腫、乳腺や肺や膵臓や胃や子宮頸部や膀胱や腎臓や甲状腺や肝臓や卵巣のがん(癌)を含めて、この腫瘍(しゅよう)マーカーの高い値を示すことがあります。

高いCEA値は、さらに炎症性腸疾患、膵臓炎および肝臓疾患を含むがん(癌)でない状態の患者さんに生じることがあります。タバコ使用は、さらにCEAの正常を超える高い値に寄与することがあります。


AFP

αー胎児蛋白/アルファフェトプロテイン/Alpha-fetoproteinAFPは、発育している胎児によって通常作られます。AFP値は、誕生後すぐに減少が始まり、健康成人(妊娠中以外)の血液において通常検出できません。AFPの高値は、原発性肝臓がん(癌)あるいは卵巣か精巣の胚細胞がん(癌)(卵または精子を生じさせる細胞の中で始まるがん(癌))のいずれかの存在を強く示唆します。例外的に他の型のがん(癌)患者さん(胃がん(癌)のような)はAFP値が上昇しています。高いAFP値を引き起こすことができるがん(癌)でない状態は、肝硬変か肝炎のような良性の肝臓疾患、毛細血管拡張性運動失調(ataxia telangiectasia)、ウイスコットーアルドリッチ症候群(Wiscott-Aldrich syndrome)、そして妊娠があります。


HCG

人絨毛膜性腺刺激ホルモン/Human chorionic gonadotropin

HCG (人間の絨毛膜の性腺刺激ホルモン)は、妊娠中に胎盤によって通常生産されます。実際、それが最初の三半期に増加するので、HCGは妊娠検査として時々使用されます。さらに、それは病気の危険が高い女性におけるの絨毛がん(癌)(子宮のまれながん(癌))の発見や、かつ栄養膜の病気(異常な受精卵から発生するまれながん(癌))の治療を監視するために使用されます。高いHCG値は、さらに精巣、卵巣、肝臓、胃、膵臓、肺のがん(癌)の存在を示すかもしれません。妊娠およびマリファナ使用も高いHCG値を引き起こすことがあります。


CA 19-9

最初は大腸がん(癌)患者で見つかりましたが、CA 19‐9は膵臓、胃、胆管がん(癌)患者さんにもみつかりました。研究者は、膵臓がん(癌)を持っている人々の中で、高値のCA 19‐9はより進行した病気に関連する傾向があることを発見しました。CA 19‐9値を上昇させるがん(癌)でない状態は、胆石、膵臓炎、肝硬変、胆嚢炎があります。


CA 15-3

CA 15-3 値は、乳がん(癌)、特に進行乳がん(癌)と診断された女性の治療経過を追跡するのに最も有用です。CA 15‐3値は、初期の乳がん(癌)女性の中でめったに上昇しません。

卵巣、肺、前立腺のがん(癌)もCA 15‐3を上げるかもしれません。CA 15‐3値の上昇は、良性の乳腺か卵巣の病気、子宮内膜症、骨盤炎症性疾患、肝炎のようながん(癌)でない状態に関係しているかもしれません。妊娠と乳汁分泌もCA 15‐3値上昇を引き起こすことができます。


CA 27‐29

CA 15‐3に似て、CA 27‐29はほとんどの乳がん(癌)患者の血液で見つかります。CA 27‐29値は、病期Uおよび病期V乳がん(癌)の治療を受けた女性の中の再発を発見するために、他の検査(乳房X線写真と他の腫瘍(しゅよう)マーカー値測定のような)と共に使用されるでしょう。

CA 27‐29値も、結腸、胃、腎臓、肺、卵巣、膵臓、子宮、肝臓のがん(癌)で上昇します。妊娠の最初の三半期、子宮内膜症、卵巣嚢腫、良性乳腺疾患、腎臓病、肝臓疾患も、CA 27‐29値を上昇することがあるがん(癌)でない病態です。


LDH

乳酸脱水素酵素/Lactate Dehydrogenase

LDHは身体全体に見つかる蛋白質です。ほぼすべての型のがん(癌)ばかりでなく多くの他の病気はLDH値に上げさせることができます。したがって、このマーカーは特別の型のがん(癌)を診断するためには使用することができません。

LDH値は、精巣がん(癌)、ユーイング肉腫(Ewing's sarcoma)、非ホジキンリンパ腫(non-Hodgkin's lymphoma)、いくつかの型の白血病を含むがん(癌)の治療の監視に使用することができます。心不全、甲状腺機能低下症、貧血、肺や肝臓疾患を含む多くのがん(癌)でない状態で高いLDH値が引き起こされます。


NSE

神経細胞特異的エノラーゼ(酵素)/Neuron-specific enolase

NSE (神経細胞(ニューロン:neuron)に特有のエノラーゼという酵素)は神経芽細胞腫、小細胞肺がん(癌)、ウィルムス腫瘍(しゅよう)(Wilms' tumor)、黒色腫、また甲状腺、腎臓、精巣、膵臓のがん(癌)を持った患者に検出されます。しかしながら、腫瘍(しゅよう)マーカーとしてのNSEに関する研究は、第1に神経芽細胞腫と小細胞肺がん(癌)を持った患者に行われました。これらの2つの病気を持った患者のNSE値の測定は、患者の治療に対する効果ばかりでなく、病気の範囲および患者の予後に関する情報を提供することができます。


1998年4月27日 / 翻訳 2002年2月 秋葉直志