home help dictionary search

臨床試験結果報道価値のある臨床試験結果の要約

外科手術後の化学療法は、初期の肺癌の生存期間を延長します


NCIの許可を得て翻訳した情報。 | ホーム |


記入:20046月5日

要約:初期の非小細胞肺癌では、外科手術後の化学療法が外科手術単独と比較して、総合生存期間を延長することが2つの大規模な無作為化された研究により示されました。この研究結果は、初期の肺癌に対する外科手術後の化学療法の有効性に関する論争を解決する助けとなり、標準治療を変えるでしょう。

出典:米国臨床腫瘍学協会 (ASCOAmerican Society of Clinical Oncology)年次会議、ニューオーリンズ、200465日.

背景:初期の非小細胞肺癌の患者が外科手術後に化学療法を受けるべきかどうかに関して、論争がありました。これらの患者の再発の危険は高いです。しかし、これまでの外科手術後の化学療法の研究では,否定する結果かわずかの利益を示しただけでした。しかしながら、これらの2つの大規模な無作為化された試験の研究結果は,外科手術後の化学療法が総合生存期間を有意に改善することを決定的に示しました。

研究1―癌と白血病班B
この研究の344人の患者は,癌を完全に切除されたており,外科手術の後に化学療法を受けない群と,あるいはパクリタキセル(paclitaxel(タキソールRTaxolR))とカルボプラチン(carboplatin)による化学療法受ける群のいずれかに無作為に振り分けられました.化学療法群が有意によりよい生存期間を示すことが明らかになった時点で、研究は計画より早く中止されました。
研究はロードアイランド州病院,ブラウン医学校の医師ゲーリー・エム・.シュトラウス(Gary M. Strauss)によって率いられました.また国立癌研究所の協同臨床試験集団の1つの,癌と白血病班Bによって調整されました。

研究1―結果:
外科手術後に化学療法を受けた患者の総合生存期間は,化学療法を受けない外科手術の人々よりも,有意に良好でした。4年後に、外科手術を単独で受けた患者の生存は59パーセントだったのと比較して、外科手術の後に化学療法を受けた患者の71パーセントは生きていました。このことはすべての死亡の危険を38パーセント減少させたことになると,研究者は報告しました。肺癌による死の危険は、化学療法を受ける人では49パーセント減少しました.
研究者によると化学療法の副作用は許容範囲です。最も重要な副作用は好中球(感染と戦う白血球の1) 減少症でした。治療に関連する死亡はありませんでした。

研究2―カナダ国立癌研究所の臨床試験集団ー:
この研究での482人の患者は、やはり初期の非小細胞肺癌で、2つの群に無作為に振り分けられました。1つの群は外科手術後に化学療法を受けない,他方の群はシスプラチン(cisplatin)とビノレルボン(vinorelbine)を投与されました.
研究は、カナダ国立癌研究所の臨床試験集団の医師ティモシー・ウィントンTimothy Winton)によって率いられ、米国国立癌研究所に支援された臨床試験集団と協力して行なわれました。

研究2―結果:
化学療法群の参加者は5年で約69パーセントは生きており,外科手術を単独で受けた群では54パーセントでした.化学療法を受けた患者の総合生存期間は94か月で,他方の群は73か月でした。治療中の副作用は好中球減少症、疲労、吐き気,その他です.治療後まで続いた副作用は難聴、しびれ,パラステジア;parasthesias(手や足の燃えるかうずく感覚)でした。治療に関連した死亡が2人ありました。

論評:これらの2つの研究からの決定的な結果が、初期の非小細胞肺癌中の外科手術の後の化学療法の意義に関する不明確性を解決すると予想されます。


2004.6版 2004.6:翻訳:秋葉 直志