放射線被曝


| 肺がん治療ネット |


外来でレントゲン検査を行う際に、被曝の危険についてしばしば質問を受けます。

放射線量のめやす

 放射線の量は、地域により、レントゲン等の検査方法により異なります。そこで各資料によって値が異なっています。

 放射線被曝は蓄積します。例えば、どこどこの場所に毎時(1時間当たり)20マイクロシーベルトと言った場合、その場所に10時間いれば、合計200マイクロシーベルトになります。

 放射線検査や放射線治療は部分的な被曝であり、全身的に被曝した時と障害は異なります。

1年間に受ける平均の自然放射線量(約2ミリシーベルト)、胸部レントゲンはその40分の1、胃のレントゲン撮影は約6ミリシーベルト、胸部CT(コンピュタ断層撮影)では約8ミリシーベルト。

(放射線影響研究所(パンフレット)http://www.rerf.or.jp

厚生労働省と経済産業省は2011315日、東京電力福島第一原発で緊急作業にあたる作業員の被曝(ひばく)線量の上限を、現在の計100ミリシーベルトから同250ミリシーベルトに引き上げました。

1990年に国際放射線防護委員会(ICRP)が定めた国際基準では、重大事故時の緊急作業での被曝線量の上限を計500ミリシーベルトとしています。

http://www.asahi.com

放射線量のめやす

50000ミリシーベルト(Sv)

全身障害、48時間以内に死亡

10000ミリシーベルト(Sv)

意識障害

5000ミリシーベルト(Sv)

下痢や出血、一時的な脱毛

1000ミリシーベルト(Sv)

リンパ球減少

150ミリシーベルト(Sv)

軽度のむかつき

50ミリシーベルト(Sv)

業務に従事する人の年間被曝量の上限

6.9ミリシーベルト(Sv)

胸部XCT

2.4ミリシーベルト(Sv)

1人あたりの自然放射線(世界平均。年間)

0.6ミリシーベルト(Sv)

胃のX線検診

0.05ミリシーベルト(Sv)

胸のX線検診:

2011.3.11朝日新聞朝刊)

放射線量のめやす

500〜 ミリシーベルト(Sv)

白血球の減少、急性症状(おう吐、下痢など)

200ミリシーベルト(Sv)

原爆の爆心地から2500m以内で被ばくした人の平均放射線量

50 ミリシーベルト(Sv)

医療従事者の限度(1年間)

5-15 ミリシーベルト(Sv)

腹部のCT検査

5 ミリシーベルト(Sv)

胃の直接X線検査(1回)

2.4 ミリシーベルト(Sv)

1人当たりの自然放射線の被ばく量(1年間)

0.6 ミリシーベルト(Sv)

胃のX線集団検診(1回)

0.05ミリシーベルト(Sv)

胸のX線集団検診(1回)

(放射線影響研究所(パンフレット)http://www.rerf.or.jp

シーベルト(Sv)=異なった種類の放射線の人体への影響を統一的に表す単位。

ミリシーベルト(mSv)=シーベルト(Sv)の1,000分の1

マイクロシーベルト(mSv)=ミリシーベルト(mSv)の1,000分の1

マイクロシーベルト(mSv)=シーベルト(Sv)の10万分の1

放射線の単位

放射線量を測る単位には、レントゲン(R)、グレイ(Gy)、シーベルト(Sv)などいくつかの種類がありますが、いずれも受けるエネルギー量を示しています。シーベルトは異なる種類の放射線が与える生物学的影響を考慮に入れた単位ですが、その点を除けばグレイとシーベルトは類似した単位です。(メルクマニュアル家庭版)

ベクレルやシーベルトは放射線や放射能の量を表すときに使う単位です。これらの単位の名称は、放射線の研究に貢献のあった学者の名前からとったものです。(東京電力http://www.tepco.co.jp

グレイ(Gy)=放射線を受けた物質が吸収する放射線の量を表す単位

シーベルト(Sv)=異なった種類の放射線の人体への影響を統一的に表す単位。

ミリシーベルト(mSv)=シーベルト(Sv)の1,000分の1

マイクロシーベルト(mSv)=ミリシーベルト(mSv)の1,000分の1

マイクロシーベルト(mSv)=シーベルト(Sv)の10万分の1

(放射線影響研究所(パンフレット)http://www.rerf.or.jp

シーベルト

シーベルトは放射線防護の分野で使われる、人体が吸収した放射線の影響度を数値化した単位である。表記はSvである。吸収線量値(単位、グレイ)に放射線の種類ごとに定められた係数を乗じて算出する。

「シーベルト(Sv)」ですが、これは放射線の量を表す単位で、人の身体が放射線によってどれだけ影響を受けるかを表す単位です。

放射線の影響度合いは、放射線の種類(α線やβ線、γ線など)や放射線を受けた場所(胃や肺、皮膚など)によって異なります。つまり同じ量(エネルギーの量)の放射線を受けてもγ線より中性子線の方が影響は大きいし、同じ種類の放射線でも皮膚より胃の方が大きくなります。

  放射線の種類や受けた場所によって受ける影響の度合いが違うという煩わしさを解消するため、これらの違いを考慮して、同じものさしで比べることができるように作られた単位がシーベルトです。(東京電力http://www.tepco.co.jp

グレイ

グレイは吸収した放射線のエネルギーの総量(吸収線量)を表す単位である。表記はGyである。単位質量当りの物質が放射線によって吸収したエネルギーを表す。この単位はすべての物質、あらゆる放射線に適用される。1グレイは1kg当たり1J(ジュール)与えることを表わす。1グレイ=1J/kg

ベクレル

ベクレルやシーベルトは放射線や放射能の量を表すときに使う単位です。これらの単位の名称は、放射線の研究に貢献のあった学者の名前からとったものです。

 「ベクレル(Bq)」は放射能、つまりどれくらい放射線を出す能力を持っているかを表す単位です。放射性物質の原子が壊れる(壊変する)と放射線が出ますが、「ベクレル(Bq)」は、1秒間に放射性物質が壊れる数を表します。

  例えば、ある放射性物質に「1ベクレルの放射能がある。」と言った場合、その放射性物質は1秒間に1回原子が壊れて放射線を出すことを表しています。人の身体の中には約7000ベクレルの放射能がありますが、これは、1秒間に約7000個の原子が壊れ、放射線を出すことを表しているものです。

  次に「シーベルト(Sv)」ですが、これは放射線の量を表す単位で、人の身体が放射線によってどれだけ影響を受けるかを表す単位です。

  放射線の影響度合いは、放射線の種類(α線やβ線、γ線など)や放射線を受けた場所(胃や肺、皮膚など)によって異なります。つまり同じ量(エネルギーの量)の放射線を受けてもγ線より中性子線の方が影響は大きいし、同じ種類の放射線でも皮膚より胃の方が大きくなります。

  放射線の種類や受けた場所によって受ける影響の度合いが違うという煩わしさを解消するため、これらの違いを考慮して、同じものさしで比べることができるように作られた単位がシーベルトです。(東京電力http://www.tepco.co.jp

ベクレルとシーベルトの換算

ベクレルの値に「実効線量係数」という値を掛ければベクレルをシーベルトに換算できます。これは放射性物質の種類ごとに異なる値をもつ係数です。ヨウ素131(I-131)では、実効線量係数は2.2×10-8乗となっています。言い換えるとベクレルの値に0.000000022をかければシーベルトに、0.000022を掛ければミリシーベルトに、0.022をかければマイクロシーベルトに換算できます。

http://gyokuyo.tea-nifty.com/blog/2011/03/post-5647.html

ベクレルは放射線を出す強さの単位で、体への影響を見るにはシーベルトに換算する必要があります。1キログラムあたり15,020ベクレルのヨウ素が検出されたホウレンソウを食べたときの影響は0.33ミリシーベルトです。(15,020×0.000022=約0.33)日本人の1日の平均摂取量は約15グラムなので、実際の影響は0.0049ミリシーベルトになります。

http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/news/20110321k0000m040070000c.html

放射線とは?

放射線には、光と同じような性質をもつ電磁波と、粒子の運動によって生じる粒子線とがあります。エックス線(X線)とガンマ線(γ線)は電磁波であり、アルファ線(α線)、ベータ線(β線)、中性子線などは粒子線です。

(放射線影響研究所(パンフレット)http://www.rerf.or.jp

放射線はウラン、ラドン、プルトニウムなどの放射性物質(放射性同位元素)から放出されます。またX線撮影や放射線療法の機器など人工的な発生源によるものもあります。

(メルクマニュアル家庭版)

過去の原子力発電所事故

1979年のペンシルベニア州スリーマイル島発電所,1986年のウクライナのチェルノブイリ発電所など,原子力発電所から放射線が漏れたことがある。スリーマイル島からの放射線による被曝は非常に少なく,発電所から1.6km以内の住人が受けた線量は約0.08mSvに留まった。しかしながら,チェルノブイリ発電所近くの住人は,約430mSvの放射線に被曝した。

The MERCK MANUALS online medical library for health professionals