肺癌外科切除例の

全国集計に関する報告


| 肺がん治療ネット |


1994年に切除された

国内肺癌外科症例 7408例

  • 外科切除例の5年生存率

全体(7408例) 51.9%
男性(5029例) 48.2%
女性(2150例) 61.0%

  • 外科切除例の臨床病期(手術前病期)別の5年生存率

IA期(2618例) 71.5%
IB期(1646例) 50.1%
IIA期(169例) 47.8%
IIB期(793例) 40.4%
IIIA期(1385例) 34.6%
IIIB期(395例) 27.6%
IV期(162例) 19.9%

  • 外科切除例の病理病期(手術後病期)別の5年生存率

IA期(2142例) 79.2%
IB期(1488例) 60.1%
IIA期(261例) 58.6%
IIB期(785例) 42.2%
IIIA期(1337例) 28.4%
IIIB期(759例) 20.0%
IV期(275例) 19.3%

  • 外科切除例の組織型別頻度

腺癌 55.7%
扁平上皮癌 33.0%
大細胞癌 3.6%
小細胞癌 3.4%

  • 外科切除例の死亡率

術死(手術後1ヵ月以内)

1.4%(101例)

院内死(手術後の退院なし) 1.7%(122例)
術死院内死率 3.0%(222例)


肺癌登録合同委員会(肺癌.2002;42:555-566)| トップ |