完全胸腔鏡下手術


| 肺がん治療ネット |


完全胸腔鏡下手術で肺癌に対し右肺上葉切除を行っている写真。手術のときに術者と助手がビデオで見ている画像。実際はこれより鮮明な画像を見ながら手術を行っている。
 右胸の中を胸腔鏡で見たところ。
 上葉、中葉、下葉の分葉が見える。
 病変は上葉に存在した。
 右上葉へ向かう肺動脈を剥離し、これから切離する。
 上葉と下葉の間の不全分葉を切離した後。
 右上葉の後方へ向かう肺動脈を剥離したところ。これから切離する。
 右上葉へから心臓へ戻る肺静脈を露出し、ステイプルで切離しているところ。
 肺静脈の裏にあった上葉へ向かう肺動脈を剥離したところ。
 これから、切離する。
 肺動脈の向こう側にある上葉気管支を露出したところ。
 気管支の切離を終了したところ。
 これで肺上葉はどこともつながっていない。
 胸の傷の一つを5cm程に広げた。
  胸の中で右肺上葉を透明な袋に詰めて、傷から引き出しているところ。
 右肺上葉を取り出した後の傷。
 カメラを入れていた傷には、出し入れのときにカメラのレンズが汚れないように、ラッププロテクターがついている。

2007.2 秋葉直志